彦根市内のミステリー紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

市内のミステリー箇所

国宝彦根城 石垣の数字&石棺・石垣の釘  


姫路城、松本城、犬山城とともに国宝に指定されている彦根城。
天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡で、年間を通じて多くの人々が訪れます。 彦根城築城は、将軍徳川家康公の命により佐和山城を一掃するため、慶長9年(1604)より着工されました。湖畔の磯山を予定していたといわれていますが、直継の代になって現在の彦根山に決定し、20年の歳月をかけて築城されました。
天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築。天守は2年足らずで完成しましたが、表御殿の造営、城郭改造など、城郭の完成は1622年とされています。 この間、井伊直孝は大坂冬の陣で兄直継に代わって出陣し、その功績によって家督を継ぎ、夏の陣では豊臣方の木村長門守重成と戦い大功をあげ、井伊直政(常に先鋒を務め、徳川四天王のひとり)に劣らぬ武将と賞賛されました。
直孝は、秀忠、家光、家綱の三代にわたって、将軍の執政となり、幕府政治確立にも貢献。これらの功により3回加増され、譜代大名としては例のない30万石となる。彦根35万石といわれるのは、このほかに幕府領5万石の預かりがあり、合わせて35万石となります。天守は18万石の頃の完成でした。

所在地 :〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1-1 TEL : 0749-22-2742 観覧時間:8:30?17:00 年中無休
観覧料:彦根城と玄宮園共通一般600円・小中学生200円 彦根城と博物館一般1000円・小中学生350円
ホームページ:http://www.hikoneshi.com/jp/castle/

玄宮園 石垣の数字  


城の北東にある大名庭園で、琵琶湖や中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで選ばれた近江八景を模してつくられました。4代藩主直興が延宝5年(1677年)に造営したとされています。毎年9月には「虫の音を聞く会」、11月には「錦秋の玄宮園ライトアップ」が催され、大名庭園ならではの趣が味わえます。
入園料:彦根城と共通大人600円・小人200円 玄宮園単独大人200円・小人100円
所在地:〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町3 TEL:0749-22-2742 開園時間:8:30?17:00 年間無休

宗安寺 佐和山城の門・四角い火の玉・首塚の書体  


 
3つのミステリーが存在する宗安寺。
①井伊家のお寺に、関ヶ原で徳川方に敗北した豊臣方の武将石田三成公の居城・佐和山城の門が移築されています。
②宗安寺の大きな屋根の上から、大きな四角い火の玉が転げ落ちてくるとのことです。
③首塚の書体が、明朝体の基になった字を書いたとされるのは日下部鳴鶴(くさかべめいかく)とのこと。
初代藩主直政が上野国から移した浄土宗のお寺で、朱塗りの門があることから「赤門」 と呼ばれる山門が目印です。
本尊の阿弥陀如来は夏の陣の際に大坂城より持ち出された淀君の念持佛。江戸時代には朝鮮通信使の宿となり、「李朝高官肖像画」がいまも伝わっています。小堀遠州風の「白露の庭」も見どころです。
所在地:〒522-0064 滋賀県彦根市本町2丁目3-7 TEL:0749-22-0801

埋木舎 直弼公の青春  


井伊直弼公が青春時代を過ごした舎。「世の中をよそに見つつも埋もれ木の埋もれておらむ心なき身は」と直弼は和歌を詠み、自ら「埋木舎」と名付け、文武両道の修練に励みました。徳川幕府の大老として開国の父となった才能は、ここで培われたといわれています。
入館料:大人300円・高大生200円・小中学生100円
所在地:〒522-0001滋賀県彦根市尾末町1-11 TEL:0749-23-5268
開館時間:9:00~17:00 休館日:月曜日・8月13日~17日・12月28日~1月4日

夢京橋キャッスルロード 道の石柱  


夢京橋キャッスルロード
彦根城のお堀にかかる京橋からすぐ。白壁と黒格子の町屋風に統一された街並みは江戸時代の城下町をイメージしています。和菓子屋、洋菓子屋、地元ならではの商品を扱うお店が軒を並べ、古き時代と新しい時代の薫り漂う「OLD NEW TOWN」 です。
所在地:〒522-0064 滋賀県彦根市本町 ホームページ:http://yumekyobashi.jp

天寧寺 血染めの遺品・そっくりな仏像  


 
井伊直中(なおなか)が、腰元若竹(わかたけ)の不義をとがめ罰しました。その後相手が自分の息子とわかり、自分の過失を認め、腰元と初孫の菩提を弔うために創建したといわれます。本堂は簡素な造りですが、建立当時の特徴がよく表われています。境内の十六体の羅漢(らかん)像は、16ケ国の大名から贈られたものといわれています。
木造五百羅漢(ごひゃくらかん)は、「亡き親、子供、いとしい人に会いたくば、五百羅漢にこもれ」と云われるほど、必ず自分の探し求める人の顔があるといいます。
所在地:〒522-0022 滋賀県彦根市里根町232 TEL:0749-22-5313
拝観料:400円 拝観時間:9:00~17:00 年中無休

江國寺 大入道の影  


月夜の晩に江國寺の前の通りを歩くと、大入道の影が現れるとのこと。江国寺は、現在の彦根市安清町に1614年開創され、1636年に現在の地に移転されました。楼門形式の山門が目立つ静かなお寺で、山号は瑞雲山。播州赤穂の家老大石内蔵助が終生護持仏とした大黒天が祀られています。臨済宗妙心寺派の寺院です。
所在地:〒522-0064滋賀県彦根市本町2-3-24 TEL:0749-22-7354

龍潭寺 動くダルマ  


元和3年、初代藩主井伊直政の建立による禅僧の研修道場で、多数の造園学僧を輩出しました。
白砂に48の石を組んだ 方丈南庭は「ふだらくの庭」として知られます。本堂には芭門十哲のひとり森川許六の襖絵や井伊家ゆかりの茶室があります。
所在地:〒522-0007 滋賀県彦根市古沢町1104 TEL:0749-22-2777 拝観時間:9:00?17:00(冬季は16:00まで)

スミス記念堂 お堂の十字架  


お寺のようなお堂には十字架が。昭和6年、日本聖公会彦根聖愛教会の牧師で彦根高商の英語教師でもあったパーシー・アルメリン・スミス氏が両親を記念し、大工宮川庄助氏と協力して城町の堀端に建設しました。外観は寺社建築を模しながら、梁や扉には葡萄や十字といったキリスト教の文様が刻まれた独特の和風教会堂として貴重な建築です。
1996年の道路拡幅工事で解体後、市民や滋賀大関係者たちでつくるスミス会議が建物を譲り受け、この度、平成19年3月25日に竣工式が行われました。
所在地:〒522-0064 滋賀県彦根市本町 TEL:0749-24-8781 ホームページ:http://smith-meeing.com

腹痛石 触るとお腹が痛くなる石  


彦根城が築城される以前、彦根山には、近江の国司藤原房前が亡母の供養に建立した彦根寺という霊験あらたかな古刹がありました。房前の護持仏であった金色の亀の背に乗った一寸八分の観音様を本尊としていたため、彦根山を金亀山と呼ぶようになりました(彦根城を別名金亀城と呼ぶのもこのためです)。彦根寺は建立当初より名刹の聞こえ高く、陸続と参拝者が後を絶たなかったようで、参拝者は彦根山に登る前に、ここで連着を解くのが通例であったので、今にその名が残りました。 往時は連着を解く際に腰掛石として多くあったであろう露頭石も、代々の古老たちが藤原時代から存在する唯一の記念物として、この石の失われることを恐れ、誰がいいだしたか、この石を腹痛石と云い、さわると腹が痛くなるといい伝えて来たものです。今も連着町四辻に祀られてある石がそれであり、巡礼の腰掛石ともいいます。
所在地:〒522-0068 滋賀県彦根市城町(スミス記念堂から徒歩1分)

長久寺 お菊の皿  


長久寺(ちょうきゅうじ)は、滋賀県彦根市にある真言宗豊山派の寺院。山号を普門山、 院号は常心院です。
由緒[編集]. 1041年(長久2年)、勅命(勅願)により後三条天皇の 皇后の祈願所、即ち勅願寺として創建され、創建時の年号をもって寺名としました。現在では、有名な怪談で登場するお菊の皿が展示されています。
所在地:〒522-0086彦根市後三条59 TEL:0749-22-0914 拝観料:無料 拝観時間:9:00~17:00

四番町スクエア 童子像  


彦根の台所として賑わってきた市場街商店街が、新しく生まれ変わりました。ガス燈が映える街並みは古き良き大正ロマンを再現。心を落ち着ける効果のある環境音が流れ、ここでしか味わえない出会いのある町です
所在地:〒522-0064 滋賀県彦根市本町(キャッスルロードから徒歩1分)

山の湯 幻の銭湯  


銀座商店街近くにあるお風呂屋さん

石の卓球台  


千代神社横の公園にある石の卓球台 ※2016年6月に残念ながら老朽化のため撤去されてしまいました。

白い馬の首  


カインズホーム裏の筋にはむかし、武家屋敷があり、その壁から馬の首が現れたと言います。

動く鍾馗(しょうき)さん  


キャッスルロード付近のお屋敷などの屋根の上には、鍾馗さんが幾つか存在します。
様々な形の鍾馗さん。とある夜に動いたとか動かなかったとか・・・。


まだまだ彦根のミステリーは存在します!只今、ミステリー取材中です。

収録協力